Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://mimosuso.blog24.fc2.com/tb.php/40-e2def0f9

トラックバック

コメント

[C12] Re: 謎がとけた


うずらん様

コメントとご質問をありがとうございます。
三ツ石のあるところはかって宮川の支流が通っていて
内宮の五十鈴川に面した大祓所と同様に、そこで
川原大祓をしていたのです。地震で川がなくなって
しまったので、その印として残されたのが三ツ石です。

新たな‘謎’の小さな社とはハテ?どのことでしょうか。
土宮の左手奥にある小さな社「下御井神社」は今回ご紹介
していますから、この社ではありませんよね?
「風宮のそば」というのはどこのことでしょうか?

伊勢神宮は行くたびに謎が生まれ、知るほどに謎が謎を
よぶワンダーランドです。

またのお越しを。



> はじめまして。
> 面白いブログですね。勉強になります。
>
> 一昨日、伊勢神宮に行ってきたのですが…
> 3年前は三ツ石には誰も見向きしてなかったのに、
> 今回はエライ人が集まっていて。
>
> 私も予測では、なんかの目印石じゃないかな~って彼に話してたんですが、謎が解けました。
> ありがとうございます^ー^
>
> パワースポットのブームはまぁ、信仰を集めるという意味では良いのかもしれませんが…
> やはり、意味を知って廻るのが本当の信仰でしょうね。
>
> そいや、今回の参拝で謎がひとつ増えました。
> 外宮の風宮のそばにある小さな社。
> あそこ参拝する人多いんですが、看板も説明書きもなくて。
> 空気が他より清涼感が無いので、ダークゾーンだと思ってるんですが、ご存知でしたら教えてください^ー^
>
> ではでは。
  • 2011-01-11 23:31
  • mimosusor
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

34. パワースポット、日本一!

 18-IMG_5767.jpg  
今年も残すところあとわずか。伊勢神宮が2010年12月19日午後5時までにまとめた参拝者数は過去最高の860万人3,748人となり、神宮司庁が参拝者数の記録をとりはじめた1895年以来の最高記録だというから驚くではないか。なぜそんなに増えたのか。神宮では3年後にせまった遷宮や今年6月からの伊勢自動車道の無料化実験などをあげているが、最大の理由が今、流行のパワースポット日本一の風評によるものであることは参拝者を見れば明らか。神域にヤングウーマンとヤングファミリーがあふれているのだ。

ヤングのみなさんのお目当ては外宮にある下御井神社と三つ石。どちらも開運、良縁などに恵まれる「気がでる」んだそうな。おかげで近年寂れがちだった外宮さんが賑わいはじめ、外宮入り口前に軽食と土産物の店までできてしまった。

11-IMG_5255 (切り抜き)下御井神社(しものみいじんじゃ)とは土宮(つちのみや)の奥にある神さんの井戸。神宮の祀りには神域内にある上御井神社の水が使われるが万一の備えが下御井神社なのだ。

ほんのこの前まで訪れるひともまばらだったのに、ここの石の間から気が出るといわれるようになってからというもの石の間に賽銭を投げ込んでいくひとが絶えず、神宮では垣根を修理し、賽銭箱を用意した。

もうひとつは拝所手前の神苑に三つ並ぶ「三つ石」。ここは日本一の超パワースポットだそうで、ここの石に手をかざすと下からビリビリと感じるほどの気が伝わってきて、時には痛いほどだとか。石に群れるひとたちを見て、それとは知らぬ参拝者が訳をきいてこちらも手をかざす。それを見た人がまた…次から次へとたくさんのひとが手をかざし、日本一の気の出る石の評判は高まるばかり。 注連縄が張ってあり、紙垂(シデ)が垂れているとポワースポット!と思ってしまうようで、そうなると伊勢神宮はパワーの宝庫だ。

18-IMG_5365.jpg 

「出てる、出てる!」、「ワタシ、感じない」。三つ石を囲んで上がる歓声にたまりかねた地元のおじさんが、「この石はご遷宮のときに神職さんたちが川原大祓いをする印の石や。パワースポットなんかやない」と苦言を呈していた。「困ったもんですわ」と言っておられた神職さんもあまりの人気に苦笑い。冷ややかに眺めていたワタシも、ここまで人気が弾けると 「やっぱり歴史は繰り返されるのだ」とうなずくしかない。

というのも、今年はおかげ参りが再来する年にあたるからだ。江戸時代の 集団参拝{おかげ参り」が有名だが、最古の記録は平安時代中期の934年(承平4年)にまでさかのぼる。1650年(慶安3年)になると 天から伊勢の大神宮のお札(ふだ)が降ってくるとか、お参りすると不治の病が治るなどといった噂が全国に広まり、ひとびとはこぞって伊勢を目指した。

18-IMG_5782.jpg
 
その後、1705年(宝永2年)、1771年(明和8年)にブームが再来、続く1830年(文政13年)のそれでは6ヵ月間に450万人、当時の人口の5人に1人が伊勢参りをしたといわれる。そして最後のブームが1890年(明治23年)に起こった。

ブーム年を列記したのは、それが神宮の式年遷宮の翌年か翌々年に、ほぼ60年周期で起っていることに注目してほしいがためだ。でも 明治23年のブームからはすでに120年、おかげ参りなんて過去の話と片付けませんように。明治23年の60年後は昭和24年、日本が敗戦で荒廃していたときです。ひとびとが復興に忙しく、おかげ参りどころではなかった時代にあって、遷宮も4年後の昭和28年(1953年)に延期された。そんな事情がなければ、2009年が第62回の遷宮年にあたり、その翌年2010年がおかげ参りのブーム年、その60年後が、そう今年2010年なのです。

「一生に一度は伊勢神宮へ」と柄杓をもって街道のみなさんの施しをうけながら、神宮参拝をした江戸時代のおかげ参りと違って、現代おかげ参りのみなさんはファッショナブルだが、江戸時代の天から御札が舞い降りるという噂も、パワーがもらえるという現代のそれも、神のご利益を願ってのことに変わりはない。現代おかげ参りの若いひとたちがきちんと2礼2拍手1礼をして礼儀正しくお参りするのには感心させられるが、「天照大神?誰ですかソレ?」と聞かれてひっくり返りそうになったことがある。 ご利益をいただきたいなら、せめてお参りしている神さんがどなたかくらいは知っておいたほうがいいのではないでしょうか。

                               * * *



  乳母車では拝所への石段は上れない。 石段脇はいつの間にやら乳母車置き場に

18-IMG_5735.jpg


  そうかと思えば、この通り。 盗られる心配はご無用

18-IMG_5821.jpg


  チェック・ファミリー。両親も子供も、みんな、シャツからズボンの裾にいたるまで格子柄

18-IMG_5798.jpg 

    

 







スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://mimosuso.blog24.fc2.com/tb.php/40-e2def0f9

トラックバック

コメント

[C12] Re: 謎がとけた


うずらん様

コメントとご質問をありがとうございます。
三ツ石のあるところはかって宮川の支流が通っていて
内宮の五十鈴川に面した大祓所と同様に、そこで
川原大祓をしていたのです。地震で川がなくなって
しまったので、その印として残されたのが三ツ石です。

新たな‘謎’の小さな社とはハテ?どのことでしょうか。
土宮の左手奥にある小さな社「下御井神社」は今回ご紹介
していますから、この社ではありませんよね?
「風宮のそば」というのはどこのことでしょうか?

伊勢神宮は行くたびに謎が生まれ、知るほどに謎が謎を
よぶワンダーランドです。

またのお越しを。



> はじめまして。
> 面白いブログですね。勉強になります。
>
> 一昨日、伊勢神宮に行ってきたのですが…
> 3年前は三ツ石には誰も見向きしてなかったのに、
> 今回はエライ人が集まっていて。
>
> 私も予測では、なんかの目印石じゃないかな~って彼に話してたんですが、謎が解けました。
> ありがとうございます^ー^
>
> パワースポットのブームはまぁ、信仰を集めるという意味では良いのかもしれませんが…
> やはり、意味を知って廻るのが本当の信仰でしょうね。
>
> そいや、今回の参拝で謎がひとつ増えました。
> 外宮の風宮のそばにある小さな社。
> あそこ参拝する人多いんですが、看板も説明書きもなくて。
> 空気が他より清涼感が無いので、ダークゾーンだと思ってるんですが、ご存知でしたら教えてください^ー^
>
> ではでは。
  • 2011-01-11 23:31
  • mimosusor
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

mimosusor

Author:mimosusor
伊勢に生まれながら小さいときから都会大好き。中学校を終えると、ひとりで大阪の学校へ進み、その後は東京で就職。しかし、日本最大の都会にも物足らず、世界の大都会ニューヨークへ。あぁ、ここぞ探していたわが棲み処、もう動くまいと感涙にむせびながら腰を下ろしてから十余年。

仕事で一時帰国していたとき帰郷したのが事の始まりというか終わりというか、「ニューヨークへ帰るの、やめた。伊勢に住む!」となりにけり。

そのわけ?なんたって伊勢神宮ですよ。何十年ぶりかで訪れた伊勢神宮をひとめ見るや打ちのめされてしまったのです。なにが、なにに、なにしたのか。その顛末はブログをどうぞ。

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。