Entries

スポンサーサイト

41. 伊勢神宮の参拝が怖い

      2011年7月、大相撲の名古屋場所、大関魁皇は歴代最多の1,047勝を上げた。ところがその数日後、「わが相撲人生、悔いなし」とあっさり土俵生活を降りてしまった。相撲歴23年、38歳の大関の両肩、両ひじ、両ひざ、両もも、腰――あっちもこっちも故障だらけ。場所が終わると歩くことすら、ままならなかず、場所前は不安だらけ。今場所前には、「伊勢神宮の参拝が怖い」ともらしていたとい...

Appendix

プロフィール

mimosusor

Author:mimosusor
伊勢に生まれながら小さいときから都会大好き。中学校を終えると、ひとりで大阪の学校へ進み、その後は東京で就職。しかし、日本最大の都会にも物足らず、世界の大都会ニューヨークへ。あぁ、ここぞ探していたわが棲み処、もう動くまいと感涙にむせびながら腰を下ろしてから十余年。

仕事で一時帰国していたとき帰郷したのが事の始まりというか終わりというか、「ニューヨークへ帰るの、やめた。伊勢に住む!」となりにけり。

そのわけ?なんたって伊勢神宮ですよ。何十年ぶりかで訪れた伊勢神宮をひとめ見るや打ちのめされてしまったのです。なにが、なにに、なにしたのか。その顛末はブログをどうぞ。

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。