Entries

スポンサーサイト

42. 神宮でお月見を

   仲秋の名月の宵。伊勢神宮の庭で月の光を浴びながら、神宮の楽師さんたちが古式にのっとって詠みあげる和歌を楽しむことができる。 お月さんに向って、すすきや秋の草花を飾り、御餅や秋の収穫を供えた会場に、黒の烏帽子に白い浄衣をつけた歌人(神宮の楽師さんたち)7人が静々と現れて、座に着く。空いている最上座は柿本人麻呂のお席。講師(こうじ)がなだらかな調子で歌を詠みあげ、次に発声(その道の達人が務...

40 神楽さまざま

梅雨のうっとうしい雨が降るなか、千駄ヶ谷の国立能楽堂へと急いだ。これまで地元以外では伊勢神宮や宮崎神社などで数回披露しただけという、宮崎県の銀鏡(しろみ)神楽を見るためだ。 ところが国立能楽堂の門はぴったり閉ざされ、人の姿もない。なにやら嫌な予感がして切符を確かめるとが~ん!三宅坂の国立劇場ではないか?! 今からで間に合うか。まずは友人に連絡をせねばと携帯を鳴らすと、「ワタシも能楽堂へ行ってしまい、...

38 神さんの町からの贈物

  今朝、新聞を読んでいるとTVから「伊勢」という名前が聞こえてきた。岩手県の被災地に、漁師さんたちが「べか」と呼ぶ小さな船3隻が届いたというニュースだった。贈ったのは伊勢の漁師さんたちで、地元の仲間に呼びかけてまず集まった3隻をトラックに積んで大船渡まで運んだきたのだという。船には「海はひとつ、心はひとつ。みんなつながっています」と励ましの言葉が書かれていたが、その横に「伊勢神宮が見守ってい...

36. スサノオの命

    東京南千住の日光街道を歩いていたら立派な神社が目についた。伊勢神宮ご遷宮への協力を呼びかける見慣れたポスターが目につくところにかけられていた。ありがたいことです。お礼に、ちょいとお参りして行きましょか。拝殿へ進むと賽銭箱の上にこんな掲示(写真上)を発見。今どき、小さく切った和紙を用意して参拝者にこんなお願いをしている神社があるとはうれしい驚き。主祭神様はいったいどこのどなたなのか...

34. パワースポット、日本一!

    今年も残すところあとわずか。伊勢神宮が2010年12月19日午後5時までにまとめた参拝者数は過去最高の860万人3,748人となり、神宮司庁が参拝者数の記録をとりはじめた1895年以来の最高記録だというから驚くではないか。なぜそんなに増えたのか。神宮では3年後にせまった遷宮や今年6月からの伊勢自動車道の無料化実験などをあげているが、最大の理由が今、流行のパワースポット日本一の風...

Appendix

プロフィール

mimosusor

Author:mimosusor
伊勢に生まれながら小さいときから都会大好き。中学校を終えると、ひとりで大阪の学校へ進み、その後は東京で就職。しかし、日本最大の都会にも物足らず、世界の大都会ニューヨークへ。あぁ、ここぞ探していたわが棲み処、もう動くまいと感涙にむせびながら腰を下ろしてから十余年。

仕事で一時帰国していたとき帰郷したのが事の始まりというか終わりというか、「ニューヨークへ帰るの、やめた。伊勢に住む!」となりにけり。

そのわけ?なんたって伊勢神宮ですよ。何十年ぶりかで訪れた伊勢神宮をひとめ見るや打ちのめされてしまったのです。なにが、なにに、なにしたのか。その顛末はブログをどうぞ。

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。