Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://mimosuso.blog24.fc2.com/tb.php/17-184c9732

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

15. 蓮台寺柿

  18-CIMG7630.jpg
 6月の蓮台寺柿畑。後ろは鼓ヶ岳

あまり大きな声で言いたくないが…昔から、「伊勢にうまいものなし」と言われている。地元のタクシー運転手だって、「うまいもんを食いたかったら志摩へ行け」ときっぱり。そう、伊勢海老やアワビなどは地元の定義では伊勢ではなく志摩の産物なのだ。とはいえ、伊勢にだってうまいものはある。まずは全国に知られた伊勢名物の赤福があるが、赤福餅に限らず伊勢の餅は大抵うまい。神さんの郷の面目躍如である。

12-R0023137_edited-1.jpg次にうまいのは蓮台寺柿だろう。神さんに敬意を表して餅を一位としたが、ワタシにとっては蓮台寺柿が伊勢のうまいもんトップである。

今、青い小さな実をつけて成長中で、栽培農家は間引き作業に余念がない。もったいないが、秋にうまい柿にありつくためには仕方がない。

伊勢神宮外宮から内宮へ通じる御木本道路沿いに広がる畑の低い木が蓮台寺柿だ。12-R0023624.jpg  

990年頃に外宮と内宮のほぼ真中にある高台に伊勢神宮の祭主が鼓獄山蓮台寺を建立したことから蓮台寺という地名がついたが、寺は明治時代に廃寺になって今はなく、 資料も残っていない。

蓮台寺柿にも伊勢神宮にちなんだ立派な謂れがありそうだが、資料には蓮台寺の後の住職さんが「請来したものと伝えられる」とあるだけだ。請来とは「①頼んで来てもらうこと、②仏像・経論などを請いうけて外国から持って来ること」(広辞苑)とあるが、なにをどうされたのかこれまた不明だが、神宮との深い関係はなさそうだ。   
 
蓮台寺柿は9月半ばから11月に渋抜きをされて店頭に出回る。伊勢の天然記念物に指定されているが、見た目は扁平で不細工な渋柿だ。ところが食べてびっくり。昔、食べたフツーの柿の味がするフツーの柿なのだが、フツーの味がする果物が珍しくなってきている昨今、驚きの味だ。柔らかい果肉とほどよい甘さで、白和えやなますにするとこれが、うまい!  

18-CIMG1106.jpg     
干し柿もなかなかだ。赤ワインもいいが、冬にこの干し柿をちぎりながらのむ燗酒は極上の味がする。一度、東京の友達への土産にもっていったところ、冬になると何人かの友達から「また、あの干し柿をチョーダイ」とねだられる。ところが昨シーズンは東京からきてみると店頭に干し柿が見当たらず、寂しい冬の酒となった。

年が明けた1月4日、散歩に出ると、伊勢神宮へ通じる表通りにパトカーが行き交い騒々しい。裏道へ廻ると、ときどき写真を撮らせてもらっている柿畑にご夫婦で正月明け早々に、剪定に精出しておられた。 挨拶をすると優しい笑顔が返ってきたので、蓮台寺柿を褒めると、わざわざ木から下りてこられてその日のおやつにもってこられたという干し柿を分けてくれた。

こいつぁ春から縁起がいいや。ご機嫌で干し柿を食べながら坂道を下っていると、バイクに乗った警官が通り過ぎた。こんな田圃道へテロリストでも逃げ込んできたのかと気になって夕方のニュースをつけると、麻生首相ほか何人かの閣僚が伊勢神宮を参拝している姿があった。あまりありがたいような面々でもないが、おかげで干し柿をもらえたのは感謝だ。  

     
 18-R0023627.jpg 
 蓮台寺柿の栽培農家は約60軒。市では補助金や育成事業で支援しているが後継者不足は悩みの種


スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://mimosuso.blog24.fc2.com/tb.php/17-184c9732

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

mimosusor

Author:mimosusor
伊勢に生まれながら小さいときから都会大好き。中学校を終えると、ひとりで大阪の学校へ進み、その後は東京で就職。しかし、日本最大の都会にも物足らず、世界の大都会ニューヨークへ。あぁ、ここぞ探していたわが棲み処、もう動くまいと感涙にむせびながら腰を下ろしてから十余年。

仕事で一時帰国していたとき帰郷したのが事の始まりというか終わりというか、「ニューヨークへ帰るの、やめた。伊勢に住む!」となりにけり。

そのわけ?なんたって伊勢神宮ですよ。何十年ぶりかで訪れた伊勢神宮をひとめ見るや打ちのめされてしまったのです。なにが、なにに、なにしたのか。その顛末はブログをどうぞ。

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。